電話占いの知識

【占いコラム】Vo.1「縁がある=成就する」という意味ではない

運命の赤い糸

こんにちは、ななみです。

今回は「縁がある=成就する」という意味ではない、ということをお話したいと思います。

 

私が占いジプシー&依存症になったキッカケは、久々に好きな人になった人が冷たくなったことでした。

ちょっと前まで、彼からガンガンアプローチをされていたのに、急に冷たくなって・・・

不安になって電話占いをしてみたのです。

 

そのときは「上手くいきます」と何人かの占い師さんに言われたのですが、不安な気持ちが消えず、焦って告白してしまった結果、振られてしまったんです・・・

 

振られてからというもの、悲しくて辛くて、誰かに聞いて欲しくて、電話占いにかけまくりました。

今思うと、「上手くいきます」っていう占いが外れたのに、なんでまた占いをしたかったんだろう・・・と思いますが(笑)

お先真っ暗などん底の中、明るい未来を示して欲しかったのかもしれませんね。

 

 

その時に言われたのは、「彼とは縁が切れない」ということ。

  • 彼と縁は切れないから、その後お付き合いできる。
  • 今は時期ではないだけ。
  • 彼とは縁は切れないけど、お付き合いは難しい。

 

鑑定は先生によってまちまちでしたが、「縁が切れてない」というのは必ず言われていました。

 

「縁が切れない」と言われると、そのうちお付き合いできるって思いません?

 

でも、縁があるって「男女のお付き合い」って意味ばかりじゃないんですよね。当たり前ですけど。

その彼とは、今も以前と変わらず、仕事仲間として一緒に仕事をしています。

うん、縁は切れていない!(笑)

 

でも、「彼とどうしても付き合いたい!」みたいに思っていると、「縁は切れない」とか言われると「お付き合いできるのかも!」って期待してしまいますよね。

もちろん、縁が切れていないので、この先お付き合いすることもあるのかもしれません。

ご縁を生かすことができれば、お付き合いすることも可能となるでしょう。

 

でも、そのためには、自分の努力というのも相当必要だし、ご縁があってもタイミングが合わずに、そうならないことも多いんですよね。

私は今、その彼とは「お付き合いするご縁ではなかったんだな」と思えています。

 

なので、「縁が切れていない」「縁がある」ということを、あまり鵜呑みにして「お付き合いできるんだ!」と思い過ぎない方が良いなというのが、これまでたくさんの先生に入った感想です。

「縁があるから、まだ頑張ろう!」という前向きなエネルギーに変えて行ければ良いのかなって思います^^

 

悩んだり落ち込んだりしているときは、なかなか客観的に考えることが難しいかもしれませんが、ぜひ頭の片隅に入れておいてもらえたら嬉しいです^^

タイトルとURLをコピーしました