恋愛

「嫌い避け」の特徴!好き避け&ごめん避けとの違いや避けられたときの対処法

「嫌い避け」の特徴_アイキャッチ

「好きな人に避けられている気がする…これって意識されてるの?それとも嫌われてる?」

恋愛をしているときに体験しがちな「避ける」という行為。

相手が何を思って避けているのか読めなくて、不安になりますよね。

 

この記事では、「嫌い避け」について

  • 「嫌い避け」の特徴
  • 「嫌い避け」をする理由
  • 「嫌い避け」と「好き避け」「ごめん避け」の見分け方
  • 「嫌い避け」されたときの対処法

を解説していきます。

 

「嫌い避け」「好き避け」「ごめん避け」の違いが分からなくて悩んでいる人必見です!

 

 

スポンサーリンク

「嫌い避け」とは?

顔をそむける眼鏡の女性

「嫌い避け」とは、特定の嫌いな人に対して、避ける・逃げる行為のことです。

 

人は本能的に、嫌いな相手を避ける傾向があります。

避けるという行為では「好き避け」や「ごめん避け」と一見同じに見えますが、「嫌い避け」は対象者に対して明確に「嫌い」という感情を持って避けている点がポイントです。

 

男女で共通している「嫌い避け」の特徴

帽子を目深にかぶった男性

「嫌い避け」の特徴には、男女共通の行動があります。

主な特徴は、

  1. 視線を合わせようとしない
  2. 会話中は無表情や嫌な顔をしている
  3. 学校や職場で最低限の挨拶しかしない
  4. 近づくのを避けられる、逃げられる
  5. Lineなどの連絡を既読・未読無視

の5つがあります。

 

1.視線を合わせようとしない

会話中に視線を合わせようとしなかったりうつむくのは、嫌い避けの特徴です。

 

人は興味のあるものに視線を向けるという特性があります。

恥ずかしかったり、申し訳ないと思っていても、気になっている方へはチラリと視線を向けてしまうものです。

嫌い避けの場合は、相手に興味がなく好かれたいとも思っていないため「なるべく視界に入れたくない」という心理が働きます。

 

もし、頻繁に顔を合わせているのに、いつも視界に入らないように視線をそらされる場合は、嫌い避けされている可能性が高いでしょう。

 

2.会話中は無表情や嫌な顔をしている

会話中に、無表情だったり嫌な顔をしている場合も、嫌い避けされている可能性があります。

無表情なのは、表情を作ることで印象よく思われたり、好意を持っていると勘違いされたくないためです。

露骨に嫌な顔をする場合は、明らかに相手の何かを不快に感じている証拠だと言えます。

 

3.学校や職場で最低限の会話しかしない

学校や職場で会っても、挨拶など最低限の会話しかしようとしないのも、嫌い避けの特徴です。

嫌い避けをしている相手と、必要以上の会話をしたいとは思っていません。

そのため、「話しかけないで」オーラを発しているような、話しかけづらさを感じることも。

 

また、話しているときに後退りする場合も「早くこの場から離れたい」という心理の表れと言えます。

 

毎日話しているのに、事務的なコミュニケーションしか取れない、最低限の会話以外を話そうとすると逸らされるときは、「嫌い避けをされているかも」と疑ってみた方がいいでしょう。

 

4.近づくのを避けられる、逃げられる

廊下などですれ違うときに、思い切り避けたり逃げられる場合も、嫌い避けされているでしょう。

 

人は本能的に危険を察知すると防衛本能が働き、避けようとしたり物理的に距離を置こうとします。

嫌い避けをしている相手には、物理的な距離を取ってなるべく関わらないようにしたいという心理が働きます。

 

あからさまに避けられている、二人きりになるのを嫌がっていると感じるなら、「嫌い避け」されていると考えましょう。

 

5.Lineなどの連絡を既読・未読無視

LINEやSNSツールなどで、既読スルー・未読スルーが多かったり、短文のみのやり取りが多いのも「嫌い避け」の特徴といえます。

そもそもLINEやSNSのアカウントを教えてくれないなんてことも。

 

「嫌い避け」している相手とは、対面だけでなくオンラインでのコミュニケーションも避ける傾向にあります。

LINEの返信を放置されることが多かったり、スタンプ1つなどの返信で会話を終わらせようとする場合は、「嫌い避け」されていると言えるでしょう。

 

 

「嫌い避け」をする理由

「嫌い避け」をする理由は、主に4つ考えられます。

  1. 生理的に受け付けない
  2. 何か嫌なことをされた
  3. 一緒にいるのが恥ずかしい
  4. 関わりたくない

では詳しくみていきましょう。

 

 

理由1.生理的に受け付けない

生理的に受け入れられないのは、「嫌い避け」の大きな要因です。

考えるより先に本能が拒否している状態で、相手の姿を見ただけで避けたり逃げたりしてしまいます。

 

生理的に受け付けないと思われる人の特徴は、

  • 身だしなみなど清潔感がない
  • マナーや態度が悪い
  • 高圧的な態度で接する
  • 性的な視線や態度を感じる

などが挙げられ、たとえ他の部分はどんなに良かったとしても、「気持ち悪い」などの不快感を感じてしまうと、避けずにはいられなくなってしまいます。

 

理由2.何か嫌なことをされた

相手が嫌だと思うことをされていた場合、「怖い」「近づきたくない」という思いから「嫌い避け」をします。

 

たとえば、職場でのパワハラやセクハラ、いじめといった行為をされて、相手に対して恐怖や嫌悪感を抱いている場合、近づくことすら苦痛で無意識に避けてしまいます。

 

理由3.一緒にいるのが恥ずかしい

「一緒にいるのが恥ずかしい」と思われている場合も、「嫌い避け」する要因になります。

  • 人前で声が大きい
  • 常識のない言動
  • 店員さんや他の人に態度が横柄
  • 悪目立ちするファッションや髪型

など、「同じ人間だと思われたくない」という心理が働くと、「嫌い避け」をすることがあります。

 

理由4.関わりたくない

単純に関わりたくない場合もあります。

たとえば、職場内で一瞬で済むと思っていた話が、ある特定の人に話すと、話が大きくなったり、長くなったりする人がいたとします。

そうした場合、「この人に話すと面倒くさい」「大した話じゃないのに大事になる」「話がややこしくなる」といった思いから、必要最低限の話しかしようとしなくなります。

「面倒くさい」「なるべく関わりたくない」といった価値観や考え方のズレから、無意識に避けてしまいます。

 

 

「嫌い避け」と「好き避け」の見分け方

夕暮れの中自転車に乗って手をつなごうとする男女

「嫌い避け」と「好き避け」の見分け方は、相手の表情や視線、態度がポイントです。

 

「好き避け」とは、「好意がある人を恥ずかしくて避けてしまう」行動を指します。

相手を避ける根底には、「恥ずかしい」「好きと言うことを知られたくない」といった感情があります。

なので、相手の表情や視線、態度を観察していると、そういった感情が見え隠れしているのが分かります。

 

具体的には、

  • 視線を感じるが、こちらが合わせようとするとそらされる
  • 話しているときに顔が赤い
  • そわそわしたり挙動不審になる
  • 2人きりになることを嫌がらない
  • 頼み事をしたときに、快く引き受けてくれる

普段は避けられるように感じていても、こうした態度が見受けられた場合は、「好き避け」されていると考えていいでしょう。

 

 

「嫌い避け」と「ごめん避け」の見分け方

「嫌い避け」と「ごめん避け」の見分け方は、

  • 相手に対して恋愛感情があるか
  • 相手の表情や態度

で判断します。

「ごめん避け」とは、「好意を匂わせてくる相手を避ける行為」のことを指します。

 

 

つまり、あなたが相手に対して恋愛感情があることが前提条件となり、相手はあなたの好意に気付いているけど応えられないので「ごめん避け」をします。

 

「ごめん避け」は、基本的に「人としては嫌いじゃない」という感情があります。

避けられたとしても、一時的なこともありますし、相手の表情や態度に不快感や毛嫌いしている様子は見受けられなことが多いでしょう。

聞いたことには丁寧に返してくれたり、仕事上の頼み事などはきちんと対応してくれる場合は、「ごめん避け」されている可能性が高いでしょう。

 

逆に、頼みごとをしても即断られたり、聞いたことへの対応も不親切だったら「嫌い避け」されていると判断して良さそうです。

 

 

嫌い避けされたときの対処法

もし自分が「嫌い避け」をされていると感じたら、適切な対応が必要です。

以下の5つの対処法をチェックしてみてください。

  1. 相手と距離を置く
  2. 友人や同僚に話を聞いてもらう
  3. コミュニケーションの取り方や服装などに気を遣う
  4. 本人に理由を聞く

 

対処法1.相手と距離を置く

まずは「嫌い避け」をされている相手と距離を取って様子を見てみましょう。

無理に近づいたり、積極的に話かかけても、余計に関係が悪化することに成り兼ねません。

距離を置くことで、あなたへのネガティブな印象が薄れていくことがあるので、しばらく様子を見てみることが先決です。

 

対処法2.なるべく明るく接する

「嫌い避け」されている相手に不愉快な態度を取られて悲しくなったり、怒りが湧いてきたりすることもありますよね。

けれど、そこで反発してしまえば、更に関係を悪化することも。

 

相手がどんな態度で接してきても、明るくポジティブな対応をするように心掛けましょう。

どんな人でも、明るく笑顔で対応されたら嬉しいものです。

ポジティブな対応を積み重ねることで、あなたへのネガティブな印象も徐々に変わっていくことが期待できます。

 

対処法3.友人や同僚に話を聞いてもらう

自分だけで考えていると、ついマイナスな方向に考えがち。

そうした時は、相手と接点のある友人や同僚など、第三者に話を聞いてもらうこともオススメです。

避けられていることがあなたの勘違いだったという場合や、相手は誰に対してもそのような態度をしていると気づくかもしれません。

 

仮に避けられていたとしても、どのように対処していけばいいか具体的なアドバイスをもらえたり、相手との間に入ってクッションの役割を果たしてくれることもあるでしょう。

何より、心に引っかかっていることを人に話すだけで、気持ちが軽くなります。

 

「嫌い避けされているかも…」と不安でいっぱいのときは、人に相談してみましょう。

 

対処法4.コミュニケーションの取り方や服装などに気を遣う

コミュニケーションの取り方を変えてみたり、身だしなみを整えると、相手の印象も変わるかもしれません。

 

特に、「嫌い避け」する理由であげた、1.生理的に受け付けない や、3.一緒にいるのが恥ずかしい 場合は、言動や服装を変えるだけで印象がガラっと変わるので「嫌い避け」をされなくなることもあります。

身だしなみを整えて清潔感を出すだけでも、とっても変わるのでオススメです。

 

対処法5.本人に理由を聞く

  • 「嫌い避け」される理由がどうしても分からない
  • 業務上、このままの対応では難しい

といった場合は、本人に直接理由を聞いてみるのも1つの手です。

誤解されていることがあったり、相手の気持ちや考えを知ることで関係を改善できることもあるかもしれません。

1対1で聞きづらい場合は、誰かに間に入ってもらうのも良いでしょう。

 

 

まとめ

見分けるのが難しい「嫌い避け」と「好き避け」、「ごめん避け」。

この記事では「嫌い避け」について特徴や理由を詳しく解説しました。

 

男女で共通している「嫌い避け」の主な特徴

  1. 視線を合わせようとしない
  2. 会話中は無表情や嫌な顔をしている
  3. 学校や職場で最低限の挨拶しかしない
  4. 近づくのを避けられる、逃げられる
  5. Lineなどの連絡を既読・未読無視

 

「嫌い避け」をする理由

  1. 生理的に受け付けない
  2. 何か嫌なことをされた
  3. 一緒にいるのが恥ずかしい
  4. 関わりたくない

 

「嫌い避け」「好き避け」「ごめん避け」の見分け方

  1. 「嫌い避け」と「好き避け」の見分け方
  2. 「嫌い避け」と「ごめん避け」の見分け方

「嫌い避け」されているかもと思うと辛いですよね。

でも、たとえ「嫌い避け」をされていたとしても、以下の対処方で挽回できるチャンスはあります。

「嫌い避け」されたときの対処法

  1. 相手と距離を置く
  2. なるべく明るく接する
  3. 友人や同僚に話を聞いてもらう
  4. コミュニケーションの取り方や服装などに気を遣う
  5. 本人に理由を聞く

 

好きな人に「嫌い避け」されてるっぽい…

「嫌い避け」の対処法でもなかなか関係が改善されない

そんなときは占い師さんに相談してみるのもオススメです。

 

タイトルとURLをコピーしました