恋愛悩み・相談内容から選ぶ

復縁に必要な冷却期間はどのくらい?成功率をあげる冷却期間の置き方とは

復縁_冷却期間

こんにちは、ななみです。

復縁を成功させためによく言われることが「冷却期間」ですよね。

冷却期間とは、「別れた相手の中にあるネガティブな感情が薄れるまで、一切の連絡を取らない期間」のことです。

 

復縁成功者たちからは、「冷却期間を置いたことが復縁へと繋がった」と冷却期間を置くことへの支持する人がたくさんいます。

[st-kaiwa1]私も冷却期間を置くことで復縁に成功したよ[/st-kaiwa1]

 

では、冷却期間をどのくらいあけたらいいのか、成功率をあげる冷却期間の置き方について考えていきます。

 

「復縁するまでの冷却期間」に強い3人の占い師

 

復縁に冷却期間が必要な理由

復縁に冷却期間が必要な理由は、

  • 相手に考える時間を与える
  • 自分自身が冷静に考え、次の行動に備える

この2つ理由です。

 

別れた直後というのは、相手があなたに対して「付き合いたくない」「嫌い」などのネガティブな感情を抱いて感情的になっていることがほとんどです。

 

元カレや元カノの中に、あなたに対してのネガティブな感情がある限り、いくらアプローチしても再び恋愛感情を抱かせることは難しいのです。

 

例えば、元カレがあなたのことを「もう関わりたくない」と思っているときに、あなたがLINEで連絡をとった場合、元カレはどう思うでしょう?

「関わりたくないのに、何で連絡してくるんだよ」

そう感じて、LINEを既読・未読無視したり、LINEブロックをして連絡すら取れなくなってしまうでしょう。

 

冷却期間を置くことで、相手のあなたに対しての感情的でネガティブな気持ちはだんだんと落ち着き、あなたとのことを冷静に考えられるようになるのです。

ネガティブな感情は時間とともに薄れていくことも多く、あなたとの楽しかった思い出だけがよみがえってくることもあります。

 

復縁を考えるなら、適切な冷却期間を取ることが大切です。

また、この期間にあなた自身も、別れた原因や自分・相手のことを冷静に考えて、冷却期間が終わった後からのことをしっかりと考えていくことで、更に復縁の成功率を高めていくことができます。

 

[st-kaiwa1]冷却期間を置くことは本当に大切だと身をもって体験したよ。この後適切な冷却期間の取り方や、冷却期間の過ごし方などを紹介していくね![/st-kaiwa1]

 

 

冷却期間を置かないで失敗した例

冷却期間を置かないで失敗した例を紹介します。

 

復縁したいと望んでいる相手と、冷却期間を置くというのはとてもしんどいことですよね。

でも、冷却期間を取らなかったことで、復縁する可能性があったものを自ら潰してしまうことにもなるのです。

冷却期間を置かなかったことで後悔している人の体験談を読んで、冷却期間の大切さを改めて感じてみてください。

 

[st-kaiwa2]私は彼からの連絡が少ないことが不安で、彼に「なんで連絡をくれないの?」「私のこと好きじゃないの?」と何度か言ってしまったんです。
そしたら彼から「仕事も忙しいのに、そんなことばかり言われて重い。別れよう」と言われてしまいました。
私は別れたくなかったので、「嫌なところ直すから別れないで欲しい」と懇願しましたが、彼の気持ちは変わらず、お別れすることに……。

別れた後も、「彼に他に好きな人ができたんじゃないか」「彼とまたやり直したい」といった不安や焦りから、彼に何度もLINEをしてしまい、既読無視、しまいには未読になりブロックされていました。
他のSNSもすべてブロックされてしまい、彼と連絡を取る手段もなくなってしまいました。

ブロックされてから2週間後、共通の友人から彼に新しい彼女ができたことを聞きました。
彼は私への想いは少なからず残っていたようでしたが、私が別れたあとも連絡し続けたことで、本当に嫌になってしまったようでした。

半年経った今でもLINEなどのSNSはすべてブロックされたまま、元カレの交際は順調なようです。
あの時、自分を抑えて冷却期間を取っていたらと後悔しまくりです。[/st-kaiwa2]

 

冷却期間を置かないということは、復縁したいという思いに対して自爆して可能性を潰してしまう行為なのですね。

 

 

【別れの原因別】必要な冷却期間

別れの原因別に必要な冷却期間について考えていきましょう。

 

カップルによって別れの原因は様々で、それによって必要な冷却期間というのも変わってきます。

これだけ「冷却期間が必要!」と言っていても、中には冷却期間がいらない別れの原因もあります。

ここでは、

  1. 冷却期間がいらない別れの原因
  2. 冷却期間が2週間必要な別れの原因
  3. 冷却期間が1か月必要な別れの原因
  4. 冷却期間が3か月必要な別れの原因
  5. 冷却期間が半年必要な別れの原因

の5パターンについてみていきます。

 

[st-kaiwa1]二人の関係や状況、相手の性格などによっても変わってくるので、目安として参考にしてみてくださいね![/st-kaiwa1]

 

 

1.冷却期間がいらない別れの原因

冷却期間がいらない別れの原因は、

  • 両親や友人などから反対され、お互いの意思ではなく別れた
  • 遠距離などの物理的な問題で、お互いに好きなのに別れた

の2つです。

 

お互いに気持ちがあり、別れを望んでいなかったにも関わらず別れにいたった場合は、冷却期間を置かずに復縁を切り出した方がいいでしょう。

時間を置いてしまうと、恋愛感情が徐々に薄れたり、相手に好きな人が出来てしまう可能性があるからです。

 

人の気持ちは移ろいやすいので、お互いに好きで別れたくない気持ちがあるなら、すぐに復縁に向けて行動しましょう。

 

 

2.冷却期間が2週間必要な別れの原因

冷却期間が2週間必要な別れの原因は、

  • 相手の嫉妬で別れるなど、相手があなたに未練がある状態で別れた
  • 些細なケンカで別れた

です。

 

相手の嫉妬で別れるなどあなたに未練がある場合、2週間程度の冷却期間を置けば大丈夫。

 

相手はあなたに対して恋愛感情を十分に持っているので、相手の嫉妬心などが収まるのを待って復縁を切り出しましょう。

 

また、些細なケンカが原因で別れた場合も、あまり期間を取らずに連絡をした方がいいでしょう。

少し時間を置くことで、「あのとき感情的になりすぎたな」「なんであんな些細なことでケンカしてしまったんだろう」と冷静になることができます。

2週間程して「あのときはごめんね」と連絡を取ることで、相手も素直に歩み寄ってくれることでしょう。

 

逆に冷却期間を取りすぎてしまうと、些細なケンカであればあるほど気まずくなって連絡しづらくなってしまいます。

 

手遅れになる前に早めに相手と連絡取ることがオススメです。

 

 

3.冷却期間が1か月必要な別れの原因

冷却期間が1か月必要な別れの原因は、

  • 相手の一人の時間を奪ってしまい、別れを切り出された
  • あなたの浮気が原因で別れた

の2つです。

 

相手の一人の時間を奪って別れを切り出されてしまった場合、すぐに連絡をとって「あなたの時間を奪わない」と伝えても信用してもらうことはできません

 

特に男性は、一人の時間というのを大切にします。

付き合い始めはあなたとの時間をたくさん作ってくれていても、付き合いが進んでいくに連れて自分の時間を優先して過ごすようになります。

そんな彼に対して、「時間を奪わない」という意志の変化を見せることが必要になるので、1か月ほどの時間を置いた方が得策です。

 

また、あなたの浮気が原因で別れた場合、相手はまだあなたに気持ちがある場合も多くあります。

きちんと反省する期間をとって、改めて謝罪と相手への気持ちを伝えることが大切です。

しかし、何度も浮気していた場合や、相手が浮気を受け入れられない場合は、更に期間を置く必要があるでしょう。

 

 

4.冷却期間が3か月必要な別れの原因

冷却期間が3か月必要な別れの原因は

  • 相手の仕事が忙しく、別れを切り出された
  • マンネリ化して別れを切り出された
  • 相手に対して束縛したり言動が重くなって、別れを切り出された

場合の3つです。

 

相手が転職したばかりで新しい職場に馴染むために忙しかったり、大きなプロジェクトに取り掛かっている場合は、それが落ち着くまで一人にさせてあげることがいいでしょう。

3か月もすれば状況が落ち着くので、その際にこちらから「仕事は落ち着いた?」と連絡してみると、そこから復縁への糸口をつかむことができます。

 

マンネリ化して別れを切り出されたり、相手に対して束縛したり言動が重くなって、別れを切り出された場合は、相手にまだ恋愛感情は残っている場合が多くあります。

ただ、新鮮さや変化を見せなければ「復縁してもまたマンネリしてしまうのでは……」「また重くなるのではないか」と思われてしまうので、以前とは違うあなたを見せることが大切です。

 

下記でお伝えする「復縁の成功率をあげる冷却期間の過ごし方」を読んで、参考にしてみてください。

 

 

5.冷却期間が半年必要な別れの原因

冷却期間が半年必要な別れの原因は、

  • 結婚への価値観の違いから別れを切り出された
  • ケンカが多く別れを切り出された
  • 「元カレ・元カノが忘れられない」と別れを切り出された
  • 浮気されて別れを切り出された

の4つです。

 

結婚への価値観が違う場合、その溝を埋めるのはなかなか困難です。

ただ、あなたに対して好きという気持ちはあるので、半年ほどの期間を置くことで、

 

ケンカが多くて別れを切り出された場合は、相手がうんざりしている可能性が高いので、十分な冷却期間が必要となります。

冷却期間の間になぜケンカをたくさんしてしまったのかを考え、歩み寄れる努力ができるかを分析することが大切です。

 

相手が元カレ・元カノが忘れられない場合、残念ながら別れた時点で元恋人の存在があなたより大きくなっています。

そのような相手を強引にあなたの方に向けようと思っても難しいでしょう。

しばらく放っておくことで、離れたあなたのことを思いだすようになり、復縁のチャンスが生まれるはずです。

 

浮気されて別れた場合も同様に、しばらく放っておきましょう。

別れた直後に復縁を迫っても、あなたよりも浮気相手の方に興味があるので、すぐには上手くいきません。

けれど、浮気して手に入れた相手にはすぐに冷めてしまうことも多いです。

そのうちに、離れていったあなたのことを思い出し、相手の気持ちにも変化が現れることがあります。

 

 

復縁の成功率をあげる冷却期間の過ごし方

では、復縁の成功率をあげる冷却期間の過ごし方はどんなものなのでしょうか?

 

冷却期間を何もせずにただ過ごしているだけではもったいないばかりか、ただただ相手の気持ちが離れてしまうことにもなり兼ねません。

冷却期間をいかに過ごすかで、復縁の成功率も格段に変わるのです。

  1. 自分を磨く
  2. 別れの原因を深堀する
  3. 自分自身の生活を充実させる

この3つを意識して、辛い冷却期間を乗り切っていきましょう。

 

[st-kaiwa1]冷却期間は自分を磨く時間と捉えて頑張りましょう![/st-kaiwa1]

 

 

復縁の成功率をあげる冷却期間の過ごし方1. 自分を磨く

復縁の成功率をあげる冷却期間の過ごし方1つ目は「自分を磨く」ことです。

 

冷却期間を置いたあとに、元カレや元カノと会う機会も出てきます。

そのときに、付き合っていたときと何も変わっていなければ「復縁してもまた同じことが原因で別れるのではないか」と思われてしまう可能性もあります。

それではせっかくの冷却期間も、無駄に終わってしまいます。

  • ダイエット
  • メイクを変える
  • 髪を切る
  • 本などを読んで新たな知識を身に着ける
  • 新しい趣味を始める
  • 旅行などに行ってリフレッシュする

などをして、自分を磨くことに専念してみましょう。

一度は好きでお付き合いをしていたので、更に魅力的になったあなたを見せれば、相手も「もう一度付き合いたい」と思うはずです。

 

 

復縁の成功率をあげる冷却期間の過ごし方2. 別れの原因を深堀する

復縁の成功率をあげる冷却期間の過ごし方2つ目は、「別れの原因を深堀する」ことです。

 

せっかく復縁できても、同じ過ちを繰り返せばまた別れることになってしまいます。

例えば、彼の忙しいときに文句を言ってしまって別れた場合、「彼の忙しいときはそっとしておこう。そのために夢中になれる趣味を見つけよう」と考えることができますよね。

 

なぜ別れに至ったかを冷静に深堀することで、自分自身を改めたり、解決方法を見つけることができます。

そうすると、復縁してからも長くお付き合いを続けていくことができるでしょう。

 

 

復縁の成功率をあげる冷却期間の過ごし方3. 自分自身の生活を充実させる

復縁の成功率をあげる冷却期間の過ごし方3つ目は、「自分自身の生活を充実させる」ことです。

 

復縁したいと願っている冷却期間は、どうしても彼のことを考えてしまいがちです。

復縁の成功率をあげる冷却期間の過ごし方2つ目の「別れの原因を深堀する」など、前向きな考えはいいのですが、一人で考えていると、ほとんどの場合ネガティブな考えになってしまいます。

なので、できるだけ相手のことを考えない時間を作ることが大切です。

 

仕事や趣味、自分磨きに没頭することで、冷却期間が終わったとき、更に魅力的になったあなたを見せられることで、復縁の成功率は格段に上がることでしょう。

 

[st-kaiwa1]冷却期間にあなたの魅力をアップして、復縁の成功率をあげましょう![/st-kaiwa1]

 

 

冷却期間中のNG行動

逆に冷却期間中のNG行動とはどんなものでしょうか?

  1. 復縁したい相手に連絡する
  2. SNSなどに復縁したいことや落ち込んでいる内容を投稿
  3. 友人などに復縁したい相手の愚痴を言う
  4. 異性と遊び歩く

この4つは、冷却期間中に絶対してはダメなことです。

 

せっかく元カレや元カノのあなたに対してのネガティブな感情が薄れてきても、これらの行動で更にマイナスな感情が上書きされてしまいます。

そうならないためにも、冷却期間中のNG行動をしっかり胸に刻んで、前向きに行動していきましょう。

 

 

冷却期間中のNG行動1. 復縁したい相手に連絡をする

復縁したい相手に連絡することは、冷却期間中最もしてはいけないNG行動です。

 

冒頭でもお伝えしました、冷却期間とは「別れた相手の中にあるネガティブな感情が薄れるまで、一切の連絡を取らない期間」のことです。

冷却期間を置かない別れ方の場合以外で連絡をとってしまえば、冷却期間の効果はまったくといっていいほどなくなってしまいます。

 

冷却期間は不安や焦りから、どうしても相手との連絡を途絶えさせたくなくて連絡を取りたいと思ってしまいますが、未来の復縁のためにもここはグッと堪えましょう。

 

冷却期間にどうしても連絡を取りたくなったら、占い師に相談してみるのもオススメです。

復縁のための冷却期間に強い3人の占い師

 

 

冷却期間中のNG行動2. SNSなどで復縁したいことや落ち込んでいる内容を投稿

SNSなどで復縁したいことや落ち込んでいる内容を投稿するのも、冷却期間中のNG行動の1つです。

 

復縁したい相手とSNSなどで繋がっている場合、復縁したいことや落ち込んでいる様子を投稿してしまうと、相手に「重い」「面倒くさい」と思われてしまいます。

仮に、SNSなどで繋がっていなかったとしても、それを見た友人たちから回りまわって復縁したい相手に知られてしまう可能性もあります。

 

せっかく前向きに自分磨きなど、復縁に向けて行動していても、相手に「重い」「面倒くさい」と思われてしまえば、復縁する確率はグンと下がってしまいます。

 

友人や不特定多数が見るSNSに、自分の感情を投稿するのは控えましょう。

 

[st-kaiwa1]復縁したい、気持ちをぶつけたい感情が高まったら、日記やノートなどに吐き出してみるのがオススメ!結構スッキリしますよ。[/st-kaiwa1]

 

 

冷却期間中のNG行動3. 友人などに復縁したい相手の愚痴を言う

友人などに復縁したい相手の愚痴を言うのも、冷却期間中のしない方がいい行動です。

 

人の愚痴や噂話というのは、自分の思いもしない形で本人に伝わってしまうものです。

 

せっかく復縁したいと思っているのに、相手の愚痴を言っていることが本人に伝わってしまえば、それだけで印象が悪くなってしまい、復縁の可能性が低くなってしまいます。

復縁したい相手との共通の知り合いがまったくいない場合でも、なるべくネガティブな感情を人に言わないようにすると、周りの印象もよくなり復縁へプラスとなります。

 

 

冷却期間中のNG行動4. 異性と遊び歩く

冷却期間中に異性と遊び歩くのもNGです。

 

異性と夜遅くまで二人きりで過ごしたり、お酒を飲んだりするなど、何かが起こりそうな状況で異性と遊ぶこと控えましょう。

仮に何もなくても、それが復縁したい相手に伝われば、よい反応はないはずです。

 

また、色々な異性と遊び歩く・体の関係を持つなど、軽率な行動も絶対やめましょう。

冷却期間だからといっても、相手に不快感を与える行動や信用を失う行動をしてしまうと、復縁どころか相手の気持ちが離れていく原因になってしまいます。

 

 

冷却期間中に不安になったら、占い師に相談してみるのも1つの手

冷却期間にどうしても不安になったり、復縁相手と連絡をとりたくなってしまったら、占い師に相談してみるのも1つの手です。

 

電話占いなら、誰にも知られることなく、自分の胸のうちをさらけ出すことができます。

また、あなたからはうかがい知ることのできない、相手の気持ちや状況、今後についてを占ってくれるので、それを元に復縁に向けた行動を取ることができるのです。

 

復縁の悩みに強いオススメの占い師は、こちらの記事で紹介しています。

[st-card id=247] [st-kaiwa1]電話占いで復縁を成功させたななみの体験と厳選した口コミを元にランキングにしました![/st-kaiwa1]

 

どの先生も復縁に強いと評判なのでオススメです!

 

 

【まとめ】冷却期間を正しくとって、復縁の成功率をあげよう!

復縁するためには、冷却期間がとても大切です。

冷却期間を正しくとって、その間に自分自身と向き合い磨いていくことで、復縁の成功率をあげましょう。

復縁に悩んだら、占い師に相談してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました